Easygoing Ricacchi

<< 勝った!!! | TOP | 中華風春雨サラダ >>
観劇と小倉飯と博多飯
Tちゃんと観劇の旅。

ひさびさ「こだま」に乗った。車内販売も自動販売機もなく、そうとなったら、

ますますコーヒーが飲みたい。。途中の停車の駅で慌てて、バタバタとコーヒーを買いに降りるの巻。

4.jpg

小倉につくやいなや、駅の近くの「シロヤベーカリー」で、おやつのアノンというクリームチーズが

入ったお菓子と、練乳の入ったサニーパンを買う。



1.jpg

お昼は小倉の旦過市場の「みらく」で海鮮丼のランチを。魚が新鮮でついている卵黄が濃厚でうまし!



お昼をすませて、観劇へ。劇団新感線の「乱鶯」 パンツもブラジャーも出てこない真面目なお芝居でした。



観劇後、博多へ移動。ホテルへチェックインして「かわ屋」へ。

2.jpg

名物串の「とり皮」。柔らかい首の部分を串に巻き、6日間にわたり7〜8回も焼きこんだという一品。

これが食べたいばっかりに、観劇のチケットを東京でもなく、大阪ではなく小倉で取った。

付け合わせのキャベツもうまし!だしの効いたお酢でいただく。




3.jpg

一人10本は食べた。食べたことのないとり皮。カリッと香ばしく10本ペロリである。

そのほか、フクロや軟骨なども。



次の日は、大宰府へ。初夏です。暑かった。

6.jpg



そのあとは縁結びの神様がいるという「竈門神社」へ。緑の中マイナスイオンを感じながら。

7.jpg

若者の女子たちが丁寧にお参りしておりました。私とTちゃんももちろんお参りしましたものの、

おみくじでは二人とも、もう一つの結果。ま、おいしいものでも食べに行きますかね…



と、いうことで、竈門神社の近くにある「おたふく」へ。うな丼を。 肝吸い付き。

疲れ果てた体にエネルギーが注入されましたです。

5.jpg



そして、天神に戻り、ウインドウショッピングをしながら、最後はこれを食べなくては!

8.jpg

博多駅で長浜ラーメンで〆たとさ。
Gourmet | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
comment
comment










truckback URL
http://ricacchi.jugem.jp/trackback/1321
trackback