Easygoing Ricacchi

蕎麦猪口の使い道
 以前に紹介した、オクラと長芋のすり流しを。

 蕎麦猪口はいくつか持っているけど
 これは、砥部の中田窯のもの。

 素麺や蕎麦を食べるだけでなく
 家では、こんなふうに小鉢として使うことも多い。

 時々、スープや味噌汁なんかも入れでみる。

 茶碗蒸しや豆乳とにがりで
 レンジで豆腐を作る時にも使う。

 湯呑として使うことも。

 こうして書いてみると、蕎麦猪口って使える器だ。

thinking | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
あさりと頭蓋骨
 私が前の更新で「父があさりを獲りって来る季節。」と、
 書いたからではないとは思うけど、父は2週間前、あさりを
 獲りに行きその帰りに交通事故に合ってしまったのです。

 あさりと引き換えに、頭蓋骨骨折、くも膜下出血、むち打
 ち、腰打撲という怪我を…幸いにも言葉も話せて、手足も
 動き、現在頭の骨がつく事と、足腰のリハビリに励む状況。

 そんなこんなで、更新出来ずの状況でしたが、普通の
 生活に戻ることを期待して更新。写真は父が事故の時に
 獲ったあさりを、お味噌汁に。保温ポットに入れて入院中
 の父にも。複雑な気持ちでうまし。
thinking | permalink | comments(4) | trackbacks(0)
遅まきながら
 遅まきながら買ったのであります。
 去年のクリスマスに自分で自分に買いました。

 が、バタバタとして年明けるまで、箱を開けることもなく
 やっと今年始まった。 ちょっと最近夢中です。

 どちらかというと、インドアでも動いていたいので
 ソフトは2つ。スポーツリゾートは、チャンバラと卓球、
 fit plusは、雪合戦やアスレチックにはまっている。

 まだ、痩せることはないけれど、日々筋肉痛。
 お肉が少しでも筋肉らしく変わります様に!!
thinking | permalink | comments(4) | trackbacks(0)
明けました2010
thinking | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
ミーハーですから
 久しぶりに買ったCD。

 話題のスーザン・ボイルはやさしくまあるい声。
 だけども歌い方がちょっと堅い??まじめ過ぎ?

 マイケルはいつ聴いてもいいね。いつの時代も聴ける
 音楽。彼はやっぱり、『KING OF POP』である。

 実はジャクソンファイブの時の方が好きなんだけど…
 家で仕事をする時に聴くとノリノリで仕事が進む。

 あー惜しい人を亡くしたねぇ。
thinking | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
蜷川KABUKI
NINAGAWA十二夜」を観にいった。 シェイクスピアの「十二夜」を蜷川幸雄演出の歌舞伎で。
歌舞伎の初心者としてはイヤホンガイドもなくとも解りやすく、喜劇なので楽しく観劇できた。

今回感心したことは、やっぱり装置。 鏡をうまく使いながら、一場のしだれ桜の作りこみは圧巻。
そして、菊之助・菊五郎の早変わり。  え???さっき引っこんでもう違う人?? 観ていて飽きませんでしたねー。

菊之助が女形演ずる男・女形・男形と微妙なニュアンスでうまぁく演じきっていたところにも、
そのスイッチの切り替わり具合に感心。
 
さらに、一番ツボだったのが、亀治郎演じる「麻阿」。
もう表情といい、所作といい、おもしろさと、女性らしい所作とに釘付け。
自然な女性らしさが、ホントあーちょいと小意地が悪いんだけど、こんなかわいらしい女の人いるいる!!と思わせる。  

お弁当は高島屋のデパ地下でなだ万のお弁当を買って。

幕間でお弁当を食べるというのも、落ち着かないけどなんだか楽しかった。
thinking | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
新幹線出発の音
 出張でした。 今回は新幹線で。 そして気付いたこと。

 東京発の夕方の新幹線に乗り込むと
 必ずあちこちから聞こえてくる音。

 シュッッ! プシュッッ!!! と、連続で。
 多くのサラリーマンは缶ビールを開けて出発します。

 かく言う私もその一人。
 アテにはいつもRF1のお総菜セットを買う。
 今日は追加で創作鮨処 タキモトの目はり寿司も。
 途中から爆睡のため、結局これは食べられずに持ち帰り。
thinking | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
空梅雨
梅雨入りしたというのに、ほとんど雨は降らず、額紫陽花のたたずまいも梅雨らしくありません。

晴れの日が多いおかげで、10株のいろいろな種類のトマトに実がたくさんついて、赤く色付いてきています。

そのうちの一つ、右のトマトは直径1cm位のマイクロミニという品種。  味はしっかりとして濃い味です。

このマイクロミニを初めて見たのは、3年前の バーニャカウダーを食べた時だったよなぁ。

身近に手に入るなんて思いもしなかったっけ。
thinking | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
再び東京

今度はお仕事で東京。 自由が丘の自由通りは桜が満開。 まだ、肌寒い中、賑わっていましたねー。


そして、今回は新幹線で東京に。

行く時は朝、広島駅で、広島カープ応援バージョンのおにぎりを買って。
早速2連勝しているようですが、いつもの如く5月5日までの勢いで終わりませんように!がんばれ!カープ!

帰りは、これですわ…。お昼が下がったので、新幹線に乗ってもまだお弁当という感じではなく…
とにかく喉が渇いていたので新幹線に乗ったらすぐさまビール。

ロング缶と、落語の特集の雑誌の組み合わせ…あー…正しくおっさん。
今回の一個人、読み応えありました。

しかし、駅のキヨスクには発泡酒がない。
発泡酒じゃなくても売れるからだろうけど、体のこと考えると糖質0%のものを飲みたいと思う。

…じゃあお茶にしとけばいいのにね…
でもシュワシュワしたいのさ。しかも甘ったるくなく。  …と言い訳。

そして東京駅構内の地下街が充実しておもしろくなっている。
いつもはお弁当を大丸で買っていたけども、そうしなくてもそこそこのお弁当やお土産を買える。

新幹線での移動もちょっといいかも。と、 感じた今回の出張であった。
thinking | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
ルーブル美術館展
腹ごしらえをして、チェックインした後、今夏の旅の目的その1国立博物館へ。
しかし、その前に、通りかかる国立西洋美術館で「ルーブル美術館展」をしている模様。
そのまま素通りすることもできず10分ばかり並んで当日券を買い、会場に入るまでに15分並んで入場。

並ぶだけあって、館内はなかなかゆっくりじっくり絵画の鑑賞とはいかずでした。

しかし、さすがに素晴らしい。面白い。写真のような細かい描写がじっくりと鑑賞させる故なのか…、とにかく夕ごはんの予約もあり、もう少しゆっくり見たい気持ちを抑えて会場を出る。

その夕方といえば、麻布十番にある「中華楼」にて。
これは友達の知り合いの方に連れて行っていただきました。
四川風なので麻婆豆腐などは辛さが効いていてパンチがある。
坦々麺もゴマのコクが効いていて、シンプルで好きな味。

最後に食べた杏仁豆腐も好きだったなー。 甘すぎずでミルキーなところがおいしい。

残念ながらこの時の写真はないのです。
thinking | permalink | comments(4) | trackbacks(0)
<< 2/7PAGES >>